住まいと暮らしのプチガイド

住まいと暮らしのプチガイド
  《サイト運営者からのご挨拶》
   この度は『住まいと暮らしのプチガイド』を訪問頂き、誠にありがとうございます。
   当サイトでは住まいの購入、建築および不動産投資についての様々な情報を提供しています。
   住宅の購入は人生で最も大きな買い物であるにもかかわらず、あまりにも多くの方々が十分な知識もないままに、
   購入に踏み切っておられるような気がしてなりません。
   皆が少しずつ、住まいに関する知識をつけていけば、もっともっと日本の住宅事情が良くなるのではないか、
   そんな素朴な思いからこのサイトをつくってみました。
   住まいに関するトラブルを未然に防ぎ、より豊かな生活を実現するために、当サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。
TOP>

住まいと暮らしのプチガイドへようこそ!

住まいというと皆さんはどんなことを思い浮かべるでしょうか?

一昔前までは、住宅といえばやはり、一戸建て。
最初はマンションや借家暮らしでもやがては庭付き一戸建て住宅を購入し、家族といっしょに幸せな時を過ごすというのが目標の定番でした。
覚えておられるでしょうか。バブルの時期などは土地がすごく値上がりし、首都圏などでは2時間以上もかかるような長距離通勤もいとわず郊外に一戸建てを買う人がとても多かったのです。

しかし、幸か不幸かバブルが崩壊し、土地は大きく値下がりし、それと同時に終身雇用制が崩壊し、生活も働き方も、住まい方も様々に多様化してきました。

今では、必ず一戸建てという人はかなり減り、終の棲家としてのマンションを求める人や一生賃貸住まい、あるいは同じマンションでも独身のまま購入を決断する人など、住まいに対する価値観も随分変わってきたものです。

それと同時に、様々な住まいの問題が発覚しました。
一戸建ての欠陥住宅問題、シックハウス症候群による被害、マンションの修繕積立金不足の問題や建替え問題、一戸建ての寿命が他の先進国と比べて著しく短いという問題などなど。

そして最近では、住宅でこそありませんが、耐震偽装という建築物をめぐる新たな問題が大きな社会問題となっています。

もちろん、耐震偽装などの巧妙な問題は専門家でなければ分かりませんが、しかし一方で、住宅をめぐるトラブルの中には、購入する事前に少し知識をつけていれば防げた被害が結構多いのも事実です。

価値観が多様化しても住宅が幸せな生活の大切な基盤であることに変わりはありませんので、ある程度の自己防衛は必要でしょう。

このサイトは管理人が個人で運営しているものですので、細かい部分については必ずしも内容が正確ではないかもしれません。
しかし、住まいについての基礎知識を提供するという意味ではかなり多くの項目を網羅していると思います(当サイトは500ページ以上あります)。
また、リンク集にも沢山の関連サイトをご用意しました。
少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

また、最近、年金不信や終身雇用制の崩壊などに伴い、不動産投資をしようとする方が増えているようです。
当サイトでは不動産投資についても取り上げましたので、興味のある方はのぞいてみてください。

なお、当サイトの内容についてのご意見、ご感想、アドバイス、誤字脱字や内容についてのご指摘など大歓迎です。
遠慮なくご連絡下さい。


なお、このサイトに記載している情報は全て管理人個人が調査、収集した情報です。
できるだけ正確を期しているつもりですが、必ずしも内容を保障しているものではございません。
実際のご使用に当たっては必ずご自身で再度確認いただけますようよろしくお願いいたします。
Copyright(C) 住まいと暮らしのプチガイド All Rights Reserved.
[PR] 海外 引越応援 こだわり米 薬食療法  英語と旅行  FX  お仕事探し  引越屋  韓国語教室 大阪  FX初心者  ピアノ